皆の本棚にある安岡 正篤の本

安岡正篤
安岡 正篤(やすおか まさひろ、1898年(明治31年)2月13日 - 1983年(昭和58年)12月13日)は陽明学者・思想家。 現在の大阪市中央区旧順慶町において、父・堀田喜一、母・悦子の四男として誕生。1904年(明治37年)大阪市道仁小学校入学。四書の「大学」から素読を始める。 1910年(明治43年)大阪府四条畷中学校入学。卒業までの五年間、歩きながら書を読んで電柱にぶつかったり、牛に突き当たったりしたという伝説が生まれる。中学校では剣道部に所属。一方で、近所の春日神社神官浅見晏斎に見出され、漢詩に親しみ、さらに柳生藩大参事であった陽明学者岡村達より感化を受ける。 第一高等学校に首席で入学し、東京帝国大学で上杉慎吉に師事。1922年(大正11年)に東京帝国大学の卒業記念として執筆され出版された『王陽明研究』が反響を呼ぶ。 大学卒業後に文部省に入省するも半年で辞し、「東洋思想研究所」を設立、当時の大正デモクラシーに対して伝統的日本主義を主張した。

12345678

12345678