皆の本棚にある子安 宣邦の本

子安宣邦
子安 宣邦(こやす のぶくに、1933年2月11日- )は、日本の思想史研究者。大阪大学名誉教授。専門は近世日本思想史。 神奈川県川崎市出身。 妻はシュタイナー教育研究の子安美知子。娘はエッセイスト・ミュージシャンの子安文。 東京大学文学部倫理学科卒業。丸山真男の弟子。同大学院人文科学研究科博士課程満期退学。横浜国立大学教育学部助教授(哲学・倫理学教室)、大阪大学文学部教授、87年「伊藤仁斎研究」で大阪大学文学博士。1996年定年退官、名誉教授、東京家政学院筑波女子大学国際学部教授。日本思想史学会の会長も務めた。 ミシェル・フーコーの著書『知の考古学』の中の「言説」論に大きな影響を受け、「日本思想史」を問い直している。 本居宣長、荻生徂徠、平田篤胤、福澤諭吉などの思想史的検討だけではなく、近年では靖国神社問題にも積極的に発言し、幅広い思想史に関わる議論をおこなっている。 雑誌『現代思想』(青土社)への中心的な寄稿者の一人である。 著書(単著) 『宣長と篤胤の世界』(中央公論社、中公叢書、1977年) 『伊藤仁斎 人倫的世界の思想』(東京大学出版会、1982年) 『「事件」としての徂徠学』(青土社、1990年)のちちくま学芸文庫 『鬼神論―儒家知識人のディスクール』(福武書店、1992年) 『本居宣長』岩波新書(岩波書店、1992年)のち現代文庫 『「宣長問題」とは何か』(青土社、1995年)のちちくま学芸文庫 『近代知のアルケオロジ- 国家と戦争と知識人』(岩波書店、1996年)『日本近代思想批判』岩波現代文庫 『江戸思想史講義』(岩波書店、1998年)のち現代文庫 『方法としての江戸―日本思想史と批判的視座』(ぺりかん社、2000年) 『平田篤胤の世界』(ぺりかん社、2001年) 『「アジア」はどう語られてきたか―近代日本のオリエンタリズム』(藤原書店、2003年) 『漢字論 不可避の他者』(岩波書店、2003年) 『国家と祭祀』 (青土社、2004年) 『福沢諭吉「文明論之概略」精読』(岩波現代文庫、2005年) 『本居宣長とは誰か』平凡社新書、2005年) 『宣長学講義』(岩波書店、2006年) 『日本ナショナリズムの解読』(白澤社、2007年) 『「近代の超克」とは何か』(青土社、2008年) 『徂徠学講義 『弁名』を読む』(岩波書店、2008年) 『昭和とは何であったか─反哲学的読書論』(藤原書店、2008年) 『思想史家が読む論語-「学び」の復権』(岩波書店、2010年) 『和辻倫理学を読む もう一つの「近代の超克」』青土社 2010 『日本人は中国をどう語ってきたか』青土社 2012 『歎異抄の近代』白澤社 2014 『仁斎学講義 『語孟字義』を読む』ぺりかん社 2015 『帝国か民主か 中国と東アジア問題』社会評論社 2015 編著 『日本思想史』 (ブックガイドシリーズ 基本の30冊)(人文書院 2011年)  共編著 『日本思想史読本』古田光共編 東洋経済新報社 1979 歴史の共有体としての東アジア 日露戦争と日韓の歴史認識 崔文衡共著 藤原書店 2007.6 翻訳・校注 テツオ・ナジタ『懐徳堂 18世紀日本の「徳」の諸相』岩波書店 1992 平田篤胤『霊の真柱』(校注)岩波文庫 1998 平田篤胤『仙境異聞・勝五郎再生記聞』(校注)岩波文庫、2000  本居宣長「排蘆小船・石上私淑言 宣長「物のあはれ」歌論』(校注)岩波文庫、2003 本居宣長『紫文要領』校注 岩波文庫、2010年 外部リンク 子安宣邦ホームページ 子安宣邦のブログ -思想史の仕事場からのメッセージ- 子安宣邦的公民教室 - (中文) 脚注 ==。