皆の本棚にある姫野 カオルコの本

姫野カオルコ
姫野 カオルコ(ひめの かおるこ、1958年8月27日 - )は、日本の小説家。姫野 嘉兵衛と表記することもある。 1958年(昭和33年)、現在の滋賀県甲賀市に生まれる。滋賀県の公立高校(滋賀県に密着した自伝的要素の強い作品が多いため、第三者に迷惑がかかることのないよう高校名は非公開としている)卒業。青山学院大学文学部日本文学科卒業。 大学在学中より雑誌ライターとして活動を開始し、現在の筆名を使用し始める。読者投稿原稿のリライト作業などを主としていたが、のちに末井昭編集長時代の『写真時代』にて映画評も執筆するようになる。1990年、出版社に持ち込みをした『ひと呼んでミツコ』で単行本デビュー。 1997年、『受難』が第117回直木賞候補に。2003年、『ツ、イ、ラ、ク』が第130回直木賞候補に。2006年、『ハルカ・エイティ』が第134回直木賞候補に。2010年、『リアル・シンデレラ』が第143回直木賞候補に。2014年1月、『昭和の犬』で第150回直木賞を受賞した。 5回の直木賞ノミネート 賞とは無縁で「無冠の女王」と呼ばれたりもしたが、5回目にして直木賞受賞。

12345

12345