皆の本棚にある太田 紫織の本

太田紫織
太田 紫織(おおた しおり、1978年3月8日 - )は、日本の小説家・推理作家。北海道札幌市出身。女性。既婚者。日本推理作家協会会員。代表作に『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』シリーズがある。 経歴・人物 投稿コミュニティサイト、E★エブリスタにて、小説や写真、俳句など多数の作品を投稿していた。2012年に同サイトにてEleanor.S名義で発表した『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』で『E★エブリスタ 電子書籍大賞ミステリー部門』(角川書店)優秀賞を受賞する。2013年2月、同作が角川書店の角川文庫より書籍化され、作家デビューする。なお、同作での受賞の他に、『Rosalind Rondo』で『怪盗ロワイヤル小説大賞』優秀賞、『【芥】actor〜二重奏〜』で『E★エブリスタ×『カルテット』小説コンテスト』大賞を受賞している。2012年まで旭川市在住。2014年、新潮社の雑誌『yom yom』誌上で『緑羅紗扉の向こうの時間』の連載を開始。 子供の頃から、アーサー・コナン・ドイルやアガサ・クリスティの作品を愛読していた。

123

123