皆の本棚にある天野 郁夫の本

天野郁夫
天野 郁夫(あまの いくお、1936年1月7日 - )は、日本の教育学者。専門は教育社会学。東京大学名誉教授。元日本学術会議会員。元日本教育社会学会会長。元日本高等教育学会会長(初代)。2004年から2010年まで神戸大学経営協議会学外委員、2006年から2012年まで一橋大学経営協議会学外委員。横浜国立大学経営協議会委員、京都大学外部評価委員、九州大学外部評価委員等も歴任した。 神奈川県足柄下郡真鶴町の魚屋の父、助産婦の母の下に、5人兄弟の次男として生まれる。1958年一橋大学卒業後富士通に約1年勤務。1959年同社を退職、高校教師を志し東京大学教育学部3年に編入し清水義弘に師事。菊池城司(大阪大学名誉教授)は東京大学の同期。 教育制度・教育政策などが日本社会にとって持つ意味などを研究。『試験の社会史』でサントリー学芸賞を受賞。 社会学者の天野正子(お茶の水女子大学名誉教授)は妻。政治学者の天野拓(熊本県立大学准教授)は長男。 学歴 1948年 相洋中学校入学 1951年 神奈川県立小田原高等学校入学 1958年 一橋大学経済学部(山中篤太郎ゼミ)卒業 1961年 東京大学教育学部教育学科教育社会学コース卒業 1963年 東京大学大学院人文科学研究科修士課程修了 1966年 東京大学大学院教育学研究科博士課程単位取得退学 1990年9月 東京大学教育学博士 論文の題は「近代日本高等教育研究」。