皆の本棚にある大田垣 晴子の本

大田垣晴子
大田垣 晴子(おおたがき せいこ、1969年10月16日 - )は、神奈川県横浜市出身のイラストレーター、エッセイスト(自称「画文家」)。本名同じ、既婚。3人娘の次女である。あだ名は主にセイちゃん、大学時代に入り浸っていた居酒屋ではダーティー・ロリータと呼ばれていた。お酒が大好きで、最近は、再び、日本酒に目覚めているらしい。 画文家とは、噛み砕いて言えば、漫画ではないが、イラストとエッセイを融合させることである。 元来は染色家志望だったが工芸科受験に失敗し、ファッション・デザインを大学で学ぶ。しかし2年生のときファッションが嫌になり、一般教養で受講した「民俗学」でレポートを絵と文でまとめているうちに、それが面白くなる。ファッション・デザインの教授だった小池一子から考現学を勧められる。 小池の紹介で、大学卒業後の1992年、雑誌『話の特集』の7月号から、16頁ものイラスト・エッセイ「サンサル」を連載開始し、2年半続ける。内容は、大田垣曰く「わたしの我田引水、本末転倒、無知滑稽な日々を書き綴った」ものであった。