皆の本棚にある大河内 正敏の本

大河内正敏
大河内 正敏(おおこうち まさとし、1878年(明治11年)12月6日 - 1952年(昭和27年)8月29日)は、物理学者であり実業家である。 東京府出身。子爵。理化学研究所(理研)の3代目所長、貴族院議員。身長は180センチと長身だった。子は大河内信定、大河内信敬。孫は女優の河内桃子。無名時代の田中角栄を引き立てたことでも知られる。 来歴・人物 旧上総大多喜藩主で、子爵大河内正質の長男として東京浜松町に生まれた。のち旧三河吉田藩の子爵大河内家(江戸時代前期に活躍し、「知恵伊豆」と呼ばれた老中松平伊豆守信綱の子孫の家系で、大多喜藩主家の遠縁)の養子となり、最後の藩主・大河内信古の娘を妻に迎える。学習院初等科時代は、大正天皇の御学友であった。慶應義塾幼稚舎、学習院初等科、第一高等中学校を経て、東京帝国大学工学部造兵学科に入学。 1903年(明治36年) - 東京帝大を首席卒業、講師となる。その後私費でヨーロッパに留学。 1911年(明治44年) - 帰国後、東京帝大教授に就任。 この頃寺田寅彦と共同で飛行弾丸の流体的な実験を行う。