皆の本棚にある大槻 義彦の本

大槻義彦
大槻 義彦(おおつき よしひこ、1936年6月18日 - )は、日本の物理学者(放射線物性、核物性、大気電気学)。早稲田大学名誉教授、同理工学部客員教授。理学博士(東京大学、1965年)。テレビタレント。身長169cm。 火の玉(プラズマ)の物理学的研究の第一人者。1990年、電磁波で火の玉を作ることに世界で初めて成功。それまで鬼火、狐火などと呼ばれ心霊的現象とされてきた火の玉(怪火)を科学現象として証明した。 宮城県角田市出身(その後茨城県古河市に在住し、東京都に拠点を持つ)。 長男の大槻東巳は父親同様に物理学者(上智大学理工学部物理学科教授)となった。長女の大槻奈那も東大卒で名古屋商科大学経済学教授。 1955年:宮城県角田高等学校卒業 1959年:東京教育大学(現筑波大学)理学部物理学科卒業 1961年:東京大学大学院数物系研究科修士課程修了 1963年:東京大学理学部助手 1965年7月:東京大学 理学博士:「A quantum field theoretical method on the dynamical theory of X-ray diffraction and its application to the plasmon and phonon excitation(X線廻折の動力学的理論の場の量子論的方法とフォノン・プラズモン励起に対するその応用) 」 1967年:東京大学工学部専任講師 1968年:早稲田大学理工学部助教授 1973年:早稲田大学理工学部教授 2003年:早稲田大学を定年前に早期退職し、名誉教授に兼職 ミュンヘン大学客員教授 名古屋大学プラズマ研究所客員教授 高エネルギー物理学研究所客員教授学外における役職 元日本物理学会理事 元Japan Skeptics副会長(他会員との確執により一時退会。