皆の本棚にある大岡 昇平の本

大岡昇平
大岡 昇平(おおおか しょうへい、1909年(明治42年)3月6日 - 1988年(昭和63年)12月25日)は、日本の小説家・評論家・フランス文学の翻訳家・研究者。 略年譜 1909年(明治42年)3月6日 - 東京市牛込区新小川町に父・貞三郎、母・つるの長男として生まれた。父貞三郎は和歌山市近郊の農家の三男で、昇平の生まれる前年上京して、株式仲買店に勤めていた。1919年(大正8年)従兄洋吉に勧められ「赤い鳥」に童謡を投稿、入選。 1921年(大正10年)4月 - 府立一中受験に失敗。青山学院中学部に入学、キリスト教の感化を受ける。秋、母・つるが芸妓だったことを知った。1925年(大正14年)12月 - 成城第二中学校4年に編入。同級に古谷綱武、富永次郎、安原喜弘、加藤英倫らがいた。また、山口二矢の実父である山口晋平も同級である。1926年(大正15年・昭和元年)4月 - 成城中学校が7年制の成城高等学校となったため、高等科文科乙類に進学。1927年(昭和2年)9月 - アテネ・フランセの夜学でフランス語を学ぶ。

1234

1234