皆の本棚にある坂元 裕二の本

坂元裕二
坂元 裕二(さかもと ゆうじ、1967年5月12日 - )は、日本の脚本家・作詞家。大阪府出身。妻は女優の森口瑤子(1998年結婚)。 奈良育英高等学校卒業。 1987年、第1回フジテレビヤングシナリオ大賞を19歳で受賞しデビュー。 1991年、『東京ラブストーリー』が大ヒットし、「月曜日の夜9時は街から女性たちが消えた」と言われるほどの社会現象となる。 2008年、『わたしたちの教科書』により、第26回向田邦子賞受賞。 2010年、『Mother』により、第65回ザテレビジョンドラマアカデミー賞脚本賞、東京ドラマアウォード2010脚本賞、及び第19回橋田賞受賞。 2011年、『それでも、生きてゆく』により、第70回ザテレビジョンドラマアカデミー賞脚本賞、及び芸術選奨新人賞放送部門受賞。 2013年、『最高の離婚』により、第76回ザテレビジョンドラマアカデミー賞脚本賞受賞。 2016年、『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』で、第3回コンフィデンスアワード・ドラマ賞・脚本賞を受賞。