皆の本棚にある吉田 修一の本

吉田修一
吉田 修一(よしだ しゅういち、1968年9月14日 - )は、日本の小説家。 来歴・人物 長崎市出身。長崎県立長崎南高等学校、法政大学経営学部卒業。その後、スイミングスクールのインストラクターのアルバイトなどを経験。1997年、「最後の息子」で、第84回文學界新人賞を受賞し、小説家デビュー。同作で、第117回芥川賞候補。 2002年、『パレード』で、第15回山本周五郎賞を受賞し、同年には「パーク・ライフ」で、第127回芥川賞を受賞。純文学と大衆小説の文学賞を合わせて受賞したことで話題になった。 2003年、布袋寅泰のシングル『NOCTURNE No.9』のカップリング「グレイト・エスケイプ」で、作詞に挑戦。 若者の都市生活を描いた作品が多かったが、殺人事件を題材にした長編『悪人』で2007年に第61回毎日出版文化賞と第34回大佛次郎賞を受賞。  2010年、『横道世之介』で第23回柴田錬三郎賞を受賞。 作品一覧 『最後の息子』文藝春秋、1999 のち文庫  最後の息子(『文學界』1997年6月号) 破片(『文學界』1997年9月号) water(『文學界』1998年8月号) 『熱帯魚』文藝春秋、2001 のち文庫  熱帯魚(『文學界』2000年11月号) グリンピース 突風(『文學界』1999年12月号) 『パレード』2002年、幻冬舎、のち文庫、ISBN 978-4344405158 『パーク・ライフ』文藝春秋、2002 のち文庫  パーク・ライフ(『文學界』2002年6月号) flowers(『文學界』1999年8月号) 『日曜日たち』講談社、2003 のち文庫  日曜日のエレベーター(『小説現代』2002年6月号) 日曜日の被害者(『小説現代』2002年9月号) 日曜日の新郎たち(『小説現代』2002年12月号) 日曜日の運勢(『小説現代』2003年3月号) 日曜日たち(『小説現代』2003年6月号) 『東京湾景』新潮社、2003 のち文庫  東京モノレール(『小説新潮』2002年9月号) 品川埠頭(『小説新潮』2003年3月号) お台場から(『小説新潮』2003年5月号) 天王州1605(『小説新潮』2003年7月号) りんかい お台場まで 『長崎乱楽坂』新潮社、2004 のち文庫  正吾と蟹(『新潮』2002年10月号) タローと炭酸水(『新潮』2002年12月号) 明生と水玉(『新潮』2003年3月号) 清二と白い絣の浴衣(『新潮』2003年6月号) 駿と幽霊(『新潮』2003年8月号) 悠太と離れの男たち(『新潮』2003年11月号) 『ランドマーク』講談社、2004 のち文庫  初出:『群像』2004年5月号 『7月24日通り』新潮社、2004 のち文庫  初出:『小説新潮』2004年10月号、11月号 『春、バーニーズで』(2004年、文藝春秋)のち文庫  春、バーニーズで(『文學界』2002年9月号) パパが電車をおりるころ(『文學界』2003年2月号) 夫婦の悪戯(『文學界』2004年4月号) パーキングエリア(『文學界』2004年11月号) 楽園 『ひなた』光文社、2006 のち文庫  『JJ 』(2003年5月号‐2004年8月号連載)「キャラメル・ポップコーン」に加筆・修正、改題。

12345678910

12345678910