皆の本棚にある古川 薫の本

古川薫
古川 薫(ふるかわ かおる、1925年6月5日 - )は、日本の小説家。妻は歌人の森重香代子。 来歴・人物 山口県下関市生まれ。軍国少年として育ち、航空機のエンジニアになるため宇部工業学校(現山口県立宇部工業高等学校)機械科を卒業。航空機会社に勤務した。1945年に召集され、沖縄戦に向かう予定だったが、その前に敗戦を迎えた。 1952年に山口大学教育学部を卒業。教員を経て山口新聞(みなと山口合同新聞社)に入社。編集局長を経て、1965年から作家活動を始め、同年「走狗」で直木賞候補、73年「女体蔵志」で同候補、続けて74年「塞翁の虹」、77年『十三人の修羅』、78年「野山獄相聞抄」、80年「きらめき侍」、同年「刀痕記」、81年『暗殺の森』、88年『正午位置』、89年『幻のザビーネ』と、候補になること10回(最多記録)、90年藤原義江の伝記小説『漂泊者のアリア』で第104回直木賞を受賞。