皆の本棚にある原晋の本

原晋
原 晋(はら すすむ、1967年3月8日 - )は、元陸上競技・マラソン選手、指導者。青山学院大学陸上競技部監督。関東学生陸上競技連盟評議員。 広島県三原市糸崎町出身。。瀬戸内の古い港町で生まれ、幼少期は海が遊び場、活発な少年だった。小学校から野球や相撲、運動万能であった。小4の頃、不慮の事故により足を骨折し入院。これを機にリハビリを兼ねて、ジョギングを始めたのが陸上競技との出会いと思われる。中学から陸上部、長距離を始め、中1のマラソン大会では、上級生を抑え校内1位。進学した世羅高校3年時の1984年主将として全国高校駅伝2位に貢献(優勝:報徳学園)。世羅高校OBが監督を務めていた中京大学に進学し3年時に日本インカレ5000メートル3位。1989年、郷里の中国電力に入社し中国電力陸上競技部1期生として部創設に参加。1993年には主将として全日本実業団駅伝初出場に貢献した。しかし1年目に故障し5年目の1995年、27歳で引退選手生活を終え、この後10年間、中国電力でサラリーマン生活を送る。