皆の本棚にある卯月 妙子の本

卯月妙子
卯月 妙子(うづき たえこ、1971年12月 - )は、日本の漫画家、エッセイスト。元AV女優、SMストリッパー。岩手県宮古市出身。 来歴・人物 1991年『タブー』(三和出版)で漫画家デビューする。以降、SMマニア雑誌などでエッセイ漫画を発表していた。その後『マンガ・エロティクス』(太田出版)誌上で発表したコミックエッセイ「実録企画モノ」が話題となり、徐々にファンを獲得し始める。 私生活では小学5年生の時に異常体験が始まり、中学3年生の時に初めて自殺未遂を図る。20歳の時に元夫と結婚。しかし、元夫の会社の倒産後、借金返済のためにホステスやストリップ嬢、AV女優になる。排泄物や嘔吐物、ミミズを食べるなどの過激なAVに出演。カルト的人気を得る。その矢先、精神病を患っていた元夫が投身自殺(正確には植物状態のち死亡)した後、幼少の頃から悩まされていた統合失調症が悪化、自傷行為や殺人欲求などの症状のため入退院とオーバードーズを繰り返し、手の震えから、漫画を描くことすら困難になり断筆状態に陥る。