皆の本棚にある加藤 諦三の本

加藤諦三
加藤 諦三(かとう たいぞう、1938年(昭和13年)1月26日 - )は、東京都出身の社会学者、作家。早稲田大学理工学部名誉教授(2008年3月31日に定年退職)、早稲田大学エクステンションセンター講師。 理工学部時代は一般教養の社会学を教えていた。 1938年生まれ。祖父は政治家の加藤政之助、父親は大学教員。東京都立西高等学校卒業後、三度の挫折を経て東京大学教養学部入学、同大学院社会学研究科博士課程を修了した。 1980年代中盤より「○○の心理学(または○○の心理」)というタイトルの著書を多く発表しているが、加藤自身は社会学畑の出身で、心理学や精神医学について大学在学中に専門的な教育・訓練は受けていない。典型的とも言える日本の厳格な家庭で育った加藤は、ハーバード大学への留学を機に渡ったアメリカで自分の意思を常に表すべきというその文化に大きな衝撃を受ける。後に精神医学と出会い人間性心理学や精神分析学を学び、現在ではそれらの研究を中心に心理学者として活動している。

12345678910

12345678910