皆の本棚にある加藤 秀俊の本

加藤秀俊
加藤 秀俊(かとう ひでとし、1930年(昭和5年)4月26日 - )は、日本の評論家・社会学者。文明論・メディア論・大衆文化論などで有名。1989年(平成元年)に外務大臣賞、1996年(平成8年)に郵政大臣賞を受賞。 来歴・人物 東京府豊多摩郡渋谷町に生まれ、東京府東京市渋谷区及び世田谷区下北沢で育つ。仙台陸軍幼年学校、旧制東京都立第六中学校(現東京都立新宿高等学校)4年修了を経て、1953年(昭和28年)東京商科大学(現一橋大学)を卒業(南博ゼミナール)。南は、歌舞伎関係者と「伝統芸術の会」を作って研究を行っており、歌舞伎の観客調査や、歌舞伎の脚本の内容分析などを行う。同大研究科に進学も中退。1976年(昭和51年)社会学博士(東洋大学)。 辰濃和男は大学の語学クラスの同級生。また伊東光晴らとともに新聞部で『一橋新聞』の編集に携わる。また、南が創設者の一人であった「思想の科学研究会」にも入会。またアルバイトで『映画評論』の編集も行い、佐藤忠男と知り合う。 青蘭女子商業高等学校で教鞭(西洋史)をとった後、1953年(昭和28年)京都大学人文科学研究所助手採用試験を受験。