皆の本棚にある加藤 一の本

加藤一二三
加藤 一二三(かとう ひふみ、1940年1月1日 - )は、将棋棋士。実力制6人目の名人。剱持松二九段門下(当初は南口繁一九段門下)。棋士番号は64。 現役最年長、棋界最古参棋士であり、戦前生まれの名人経験者最後の存命者である。「1分将棋の神様」・「神武以来の天才」の異名を持つ。 現役棋士生活61年超、通算対局数、通算敗戦数は歴代1位(更新中)であり、1950年代、1960年代、1970年代、1980年代、1990年代、2000年代の各年代で順位戦最高峰A級に在籍したことがある唯一の棋士である(他には大山康晴が1940年代から1990年代までA級在籍。6つの10年紀でのA級在籍はこの二人のみ)。 14歳7ヶ月で史上初の中学生棋士になり、その後4年連続で昇級をして18歳でA級八段になる。どちらの記録も、60年近く経った今もなお破られていない。 大山康晴十五世名人、中原誠十六世名人、米長邦雄永世棋聖を相手に、それぞれ100回以上対局(百番指し)。 1940年1月1日、福岡県嘉穂郡稲築村(現・嘉麻市)生まれ。