皆の本棚にある切通 理作の本

切通理作
切通 理作 (きりどおし りさく、1964年2月21日 - )は、日本の評論家、脚本家。 東京都生まれ。母は狩野美智子であり、被爆二世にあたる。和光高等学校、和光大学人文学部文学科卒業後、同研究生。 文化批評をメインとする。若者文化に見識を持ち、非常勤講師を務める大学でも『若者文化論』を担当。 「朝日新聞」「毎日新聞」「日本経済新聞」「産経新聞」「共同通信」「時事通信」「沖縄タイムス」「熊本日日新聞」「週刊読書人」「図書新聞」「サンデー毎日」「週刊朝日」「週刊文春」「中央公論」「わしズム」などで時評・書評・コラムを執筆。 「キネマ旬報」「映画芸術」「映画秘宝」「月刊ドラマ」等に映画・テレビドラマ評や映画人への取材記事、「文学界」「群像」「すばる」に文芸批評を執筆。 キネマ旬報ベストテン、映画秘宝ベストテン、日本映画プロフェッショナル大賞の現役審査員。 過去には映画芸術ベストテン、毎日コンクールドキュメンタリー部門、サンダンス映画祭アジア部門日本ノミネート、東京財団アニメ批評コンテスト等で審査員を務める。