皆の本棚にある内田 貴の本

内田貴
内田 貴(うちだ たかし、1954年2月23日 - )は、日本の法学者。法務省経済関係民刑基本法整備推進本部参与、民法(債権法)改正検討委員会事務局長。東京大学名誉教授。法学博士(東京大学、1986年)、学位論文は「抵当権と利用権」。 大阪府出身。星野英一に師事した。民法、英米法を研究対象とし、特に契約法、電子取引法の分野において有名である。『民法I~IV』(東京大学出版会)は従来の体系書の形式ではなく、教科書として執筆されており前から順に読んでいけば民法が理解できるように工夫したとのことである。同じ東大教授であった平井宜雄と論争を繰り広げ平井・内田論争とよばれた。 また、法務省経済関係民刑基本法整備推進本部参与として債権法改正作業に携わり、「民法(債権法)改正検討委員会」の事務局長を勤める。 2009年3月に同委員会の改正試案の取りまとめと理由書が公表されたが、その内容はかなり貧弱なものとなることが予想されていただけでなく、EU統合や不平等条約改正のような政治的背景を持たない現代日本におけるグローバリズムへの安易な迎合、国民不在の最新学説の一人歩き、条文の肥大化、「出来レース」的な一部学者による学者草案で思わぬ危険を生むおそれがある等として、その目的・内容・手段について強く批判されている。

123

123