皆の本棚にある内田 義彦の本

内田義彦
内田 義彦(うちだ よしひこ、1913年2月25日 - 1989年3月18日)は、日本の経済学者である。 愛知県名古屋市生まれ。専攻は経済学史、社会思想史。経済学博士。アダム・スミス、カール・マルクスと、近代日本思想史の研究で知られる。著書『社会認識の歩み』で、歴史認識と現代認識の関係、理念とハウ・トゥの関係、本の読み方について、を論じて、日本における社会科学的認識について考察している。 1954年8月16日に学位論文『経済学の生誕』で、専修大学より経済学博士の学位を受ける。 1913年2月25日、愛知県に生まれる 1931年3月、甲南高等学校尋常科(旧制甲南中学校・高等学校)卒業 1934年3月、甲南高等学校文科甲類卒業 1939年3月、東京帝国大学経済学部経済学科卒業 1939年4月、東京帝国大学大学院入学(1940年3月、退学) 1940年4月、東亜研究所員(1942年12月、辞任) 1943年1月、東京帝国大学嘱託(世界経済研究室勤務)(1945年8月に依願解嘱) 1945年4月、逓信省無線講習所講師 1946年 4月、紅陵大学講師(1947年3月辞任) 10月、専修大学経済学部(旧制)助教授 1947年9月、専修大学経済学部(旧制)教授 1949年4月、専修大学商経学部(新制)教授 1957年4月1日 - 1959年3月31日、専修大学商経学部長 1963年4月1日、専修大学経済学部教授 1967年4月 - 1981年3月、専修大学大学院経済学研究科主任 1983年3月31日、専修大学を退職 著書 『経済学の生誕』未來社 1953年  『経済学史講義』未來社 1961 『資本論の世界』岩波新書 1966年 『日本資本主義の思想像』岩波書店、1967年 毎日出版文化賞受賞 『内田義彦対談集 読むということ』筑摩書房 1971 『社会認識の歩み』岩波新書 1971年 『学問への散策』岩波書店 1974年 『作品としての社会科学』岩波書店 1981年 のち同時代ライブラリー 1992年、大佛次郎賞受賞 『『作品』への遍歴 大仏次郎賞受賞記念講演』専修大学社会科学研究所編集 時潮社 1982 『読書と社会科学』岩波新書 1985年 『内田義彦著作集』岩波書店 全10巻、1988-89年1 経済学の生誕 2 経済学史講義 3 経済学史・思想史研究 4 社会認識の歩み・資本論の世界 5 日本資本主義の思想像 6 学問への散策 散策もう一度 7 対談への試み 8 作品としての社会科学 9 読書と社会科学 10 歩みの跡 補巻「時代と学問」野沢敏治・酒井進編、2002 全巻総索引を付す。

12

12