皆の本棚にある内田 百けんの本

内田百けん
『内田百間』より : 内田 百間(うちだ ひゃっけん、1889年(明治22年)5月29日 - 1971年(昭和46年)4月20日)は、夏目漱石門下の日本の小説家、随筆家。本名は内田 榮造。 戦後は筆名を内田 百閒と改めた(読みは同じ)。別号は百鬼園(ひゃっきえん)。 「百閒」は、故郷岡山にある旭川の緊急放水路である百間川から取ったもの。別号の「百鬼園」を「借金」の語呂合わせとする説もあるが、本人は一応のところ否定している。 迫り来る得体の知れない恐怖感を表現した小説や、独特なユーモアに富んだ随筆などを得意とした。後輩の芥川龍之介に慕われたほか、師である夏目漱石の縁故から夏目伸六と親交が深かったことでも有名。 年譜 1889年(明治22年)5月29日 - 岡山市(現在の中区)古京町一丁目百四十五番地に裕福な造り酒屋「志保屋」の一人息子として誕生。祖父の名から「榮造」と命名。父久吉、母峯。 1895年(明治28年) - 環翠小学校(現在の岡山市立旭東小学校)入学。 1899年(明治32年) - 岡山市岡山高等小学校(現在の岡山市立内山下小学校)入学。

12345

12345