皆の本棚にある先崎 学の本

先崎学
先崎 学(せんざき まなぶ、1970年6月22日 -)は、将棋棋士。米長邦雄永世棋聖門下。棋士番号は185。青森県生まれ。 いわゆる「羽生世代」と呼ばれることがある棋士の一人。彼らの中で先崎だけタイトル戦登場経験はないものの、全棋士参加棋戦優勝は羽生善治・森内俊之の次に達成している。 棋歴 プロ入りまで 1979年、「よい子日本一決定戦 小学校低学年の部」で優勝。準優勝は同い年の羽生善治だった。 1981年の秋、奨励会に入会。早熟な者が多い将棋界の中でも小学5年での入会はかなり早いほうで、しかも、6級ではなく5級での入会であった(ただし、奨励会試験は2度、落ちている)。入会の前年から小学校卒業まで、内弟子(米長宅に住み込み)として米長に師事。年上の林葉直子も同時期に米長の内弟子であった。林葉と二人で新宿将棋センターへ将棋を指しに行っていたが、両者ともにエキサイトする性格であった模様である。同い年の羽生善治・森内俊之・郷田真隆は、先崎より1年遅く入会してくる(羽生は、先崎の奨励会入りの後、小学生将棋名人戦など、多くの大会で優勝する)。