皆の本棚にある保阪正康の本

保阪正康
保阪 正康(ほさか まさやす、1939年12月14日 - )は、日本のノンフィクション作家・評論家・日本近現代史研究者。 北海道札幌郡白石村厚別(現札幌市厚別区)に、教員の父のもとに生まれる。札幌市立柏中学校、北海道札幌東高等学校を卒業。 阿部典英は中学高校の同級生、西部邁は小中学校の1年先輩に当たる。同志社大学文学部社会学科卒業。在学中は演劇研究会で特攻隊員を描いた創作劇を執筆。卒業後、電通PRセンターへ入社。その後、物書きを志して転職した朝日ソノラマで編集者生活を送る。1970年に三島由紀夫事件をきっかけに死のう団事件を2年間取材。途中で5年勤務した朝日ソノラマを退社してフリーに転じ、1972年に『死なう団事件』でノンフィクション作家デビュー。2004年、個人誌『昭和史講座』の刊行で第52回菊池寛賞受賞。 「昭和史を語り継ぐ会」主宰。 著書『東條英機と天皇の時代』『陸軍省軍務局と日米開戦』『忘却された視点』『安楽死と尊厳死』『愛する家族を喪うとき』『日本の医療』『オモテの議論ウラの議論』など多数。