皆の本棚にある伊藤 昌哉の本

伊藤昌哉
伊藤 昌哉(いとう まさや、1917年11月21日 - 2002年12月13日)は、日本の政治評論家。満州生まれ。池田勇人総理大臣の秘書官を経て、政治論壇や宏池会で活動した。愛称は「ブーちゃん」。父は満蒙開拓の草分けの伊藤謙次郎。
南満洲大石橋生まれ。奉天中学、旧制一高を経て1942年に東京大学 東京帝国大学法学部卒業と同時に入営、経理部将校として終戦まで従軍した。戦後、西日本新聞社に入社、政治記者を勤め、1955年、池田勇人の秘書となり、池田が総理大臣に就任すると首席秘書官として池田に仕えた。スピーチライターとして池田の演説の草稿のを執筆、有名なものには浅沼稲次郎暗殺事件における浅沼稲次郎#人柄・エピソード 追悼演説がある。
池田の死後、1966年に『池田勇人―その生と死』を出版。この書物は池田政権の中枢にいた人物による記録として、今日に至るまで池田政権を論じるにあたって欠かせない資料となっている。