皆の本棚にある今野 真二の本

今野真二
今野 真二(こんの しんじ、1958年 - )は、日本の日本語学者、清泉女子大学教授。 神奈川県鎌倉市生まれ。1982年早稲田大学文学部国文科卒、1985年同大学院博士課程後期退学。1986年松蔭女子短期大学講師、助教授、1995年高知大学助教授、1999年清泉女子大学文学部助教授、教授。2002年『仮名表記論攷』で金田一京助博士記念賞受賞。 母は今野さなへ、伯父は山田忠雄、祖父は山田孝雄である。 著書 『仮名表記論攷』清文堂出版 2001 『文献から読み解く日本語の歴史――鳥瞰虫瞰』笠間書院 2005 『消された漱石――明治の日本語の探し方』笠間書院 2008 『大山祇神社連歌の国語学的研究』清文堂出版 2009 『振仮名の歴史』集英社新書 2009 『文献日本語学』港の人 2009 『日本語学講座 第1巻 書かれたことば』清文堂出版 2010 『漢語辞書論攷』港の人 2011 『日本語学講座 第2巻 二つのテキスト(上)明治期以前の文献』清文堂出版 2011 『日本語学講座 第3巻 二つのテキスト(下)明治期の文献』清文堂出版 2011 『日本語学講座 第4巻 連合関係』清文堂出版 2011 『日本語学講座 第5巻 『節用集』研究入門』清文堂出版 2012 『百年前の日本語――書きことばが揺れた時代』岩波新書 2012 『ボール表紙本と明治の日本語』港の人 2012 『漢字からみた日本語の歴史』ちくまプリマー新書 2013  『かなづかいの歴史』中公新書 2014  『日本語の近代 はずされた漢語』ちくま新書 2014  『盗作の言語学 表現のオリジナリティーを考える』集英社新書 2015  『辞書をよむ』平凡社新書、2015  『リメイクの日本文学史 リライトの日本文学史』(平凡社新書)2016 参考 『振仮名の歴史』著者紹介 科学技術総合リンクセンター(J-GLOBAL)研究者情報 今野真二。

12

12