皆の本棚にある井端 弘和の本

井端弘和
井端 弘和(いばた ひろかず、1975年5月12日 - )は、神奈川県川崎市川崎区出身の元プロ野球選手(内野手)、プロ野球コーチ。妻は、元テレビ朝日アナウンサーの河野明子。2013年のWBCでは、2次ラウンドMVP、WBCベストナインに選ばれた。 通算安打数は、1912安打で、日本プロ野球名球会の入会基準まであと88本だった。中日時代は、同僚の荒木雅博と、共に「アライバ」の愛称で親しまれた。 プロ入り前 川崎市立川中島中学校時代までは投手、堀越高等学校時代、2年時に第64回選抜高等学校野球大会、3年時に第75回全国高等学校野球選手権大会に出場。その後亜細亜大学に進学。東都大学リーグ1部リーグ通算81試合出場、269打数78安打、打率.290、4本塁打、33打点。3季連続ベストナインに選ばれた。2部リーグ通算11試合出場、48打数14安打、打率.291、1本塁打、5打点。 1997年のドラフト会議で中日ドラゴンズから5位指名を受け入団。 中日時代 一年目の1998年は一軍で18試合に出場したが、二年目の1999年は一軍出場なし。