皆の本棚にある乾石 智子の本

乾石智子
乾石 智子(いぬいし ともこ)は、日本のファンタジー小説家。山形県在住。 人物・経歴 山形県生まれ。山形大学地域教育文化学部卒業。1999年、犬石智子名義で応募した「闇を磨きあげる者」で、教育総研(現ワオ・コーポレーション)が主催する第3回創作ファンタジー大賞・創作童話大賞(ファンタジー部門)大賞を受賞。2011年、東京創元社から、第1長編『夜の写本師』を刊行したことでプロ作家としてデビューした。優れたハイ・ファンタジーの書き手として知られている。創元ファンタジイ新人賞の選考委員を務めている。 作品リスト 東京創元社 〈オーリエラントの魔道師〉シリーズ 夜の写本師 : SCRIBE OF SORCERY(2011年4月) 文庫版(2014年4月) 魔道師の月 : Sorcerer's Moon(2012年4月) 文庫版(2014年11月) 太陽の石 : Legacy of sorcerers(2012年10月) 文庫版(2015年8月) オーリエラントの魔道師たち : Scribe in the Darkness(2013年6月) 沈黙の書 : The Son of Winds(2014年5月) シリーズ外 滅びの鐘 : DOOMSBELL(2016年1月) 朝日新聞社 闇の虹水晶(2012年12月) 早川書房 ディアスと月の誓約(2013年4月) 文庫版 (2015年2月) KADOKAWA 角川書店 竜鏡の占人 リオランの鏡(2014年8月) 講談社 双頭の蜥蜴(『小説現代』2014年6月号 - 2015年?月号 連載、2015年8月) 単行本未収録 春告鳥(『SFマガジン』2013年8月号掲載) 脚注 外部リンク 『太陽の石』ここだけのあとがき(webミステリーズ・2012年10月) 『オーリエラントの魔道師たち』ここだけのあとがき(webミステリーズ・2013年6月)。