皆の本棚にある久保田 勇夫の本

久保田勇夫
久保田 勇夫(くぼた いさお、1942年(昭和17年)12月6日- )は、日本の官僚、銀行家、西日本シティ銀行代表取締役会長。 来歴・人物 福岡県福岡市出身。福岡県立修猷館高等学校を経て、東京大学法学部卒業後大蔵省に入省。同期に中島義雄、長野厖士、中山成彬、森昭治(金融庁長官)、小山嘉昭(駐ルーマニア大使、日銀監事)、森末暢博(弁護士、東海東京証券監事)など。 国際金融局次長まで昇り詰めたが、榊原英資に局長の席を譲ることとなり、国土庁へ出向、国土事務次官職を最後に退官した。 その後、アメリカの投資会社であるローンスターの日本法人、ローンスター・ジャパン・アクイジッションズ・LLCの会長に就任するも、出身を地盤とする西日本シティ銀行に招聘され、頭取に就任した。トップ在任時には、店舗の統廃合や公的資金完済など経営体質の強化務め、2014年代表取締役会長に退いた。 頭取就任直後の同行のトップページでは、「汗をかく、エキスパート」と紹介されていた。 学歴 1961年(昭和36年)3月 福岡県立修猷館高等学校卒業 1966年(昭和41年)3月 東京大学法学部卒業 1969年(昭和44年)6月 オックスフォード大学経済学修士号取得 1966年(昭和41年)4月 大蔵省入省 1979年(昭和54年)7月 国際金融局短期資金課課長補佐 1981年(昭和56年)7月 国際金融局総務課企画官 1983年(昭和58年)6月 大臣官房財務官室長 1985年(昭和60年)6月 国際金融局国際機構課長 1986年(昭和61年)6月 大臣官房参事官(副財務官) 1988年(昭和63年)6月 国際金融局為替資金課長 1989年(平成元年)6月 大臣官房調査企画課長 1990年(平成2年)6月 海外経済協力基金総務部長 1992年(平成4年)7月 大臣官房審議官(国際金融局担当) 1994年(平成6年)7月 国際金融局次長 1995年(平成7年)6月 関税局長 1997年(平成9年)7月 国土庁長官官房長 1999年(平成11年)7月 国土事務次官 2000年(平成12年)9月 国土庁を退官、都市基盤整備公団副総裁就任 2002年(平成14年)7月 ローンスター・ジャパン・アクイジッションズ・LLC会長就任 2003年(平成15年)4月 帝京大学経済学部教授(国際金融論担当) 2006年(平成18年)6月 西日本シティ銀行代表取締役頭取 2014年(平成26年)6月 同代表取締役会長 著書 『新しい国際金融』(有斐閣、2006年 ISBN 978-4-641-18336-0) 『証言・宮澤第一次[1986-1988]通貨外交』(西日本新聞社、2008年 ISBN 978-4-8167-0760-5) 脚注 ==。