皆の本棚にある中沢 新一の本

中沢新一
中沢 新一(なかざわ しんいち、1950年5月28日 - )は、日本の宗教人類学者、評論家。明治大学特任教授/野生の科学研究所所長。多摩美術大学美術学部芸術学科客員教授。 構造主義のクロード・レヴィ=ストロース、ジャック・ラカン、ポスト構造主義のジル・ドゥルーズ、ジュリア・クリステヴァなどの思想家、また南方熊楠、折口信夫、柳田国男などの日本民俗学の研究者、そして、自身修行を体験したチベット仏教などから影響を受けた宗教学者。本来は文化人類学の一分野である宗教人類学を専門としているが、分野を限らず活動し、一部で「新しいアカデミズムのスタイル」として受け入れられ人気を博した。体験記・エッセイ・論文のどれであるのか判別しにくい文章を特徴とする。 若き日にもっとも親近感を覚えたのはキリスト教であり聖書の熱心な読者であった。しかし、マルクス主義やキリスト教と自身の育った風土との違和感を同時に感じる。聖書の中では十字架に付く前のがリラヤ時代のイエスに親近感を覚え、この時期のイエスは仏教にも通じるほどに思想を美しい言葉で語っていたと評しているが、愚かな大衆の期待で十字架に付くイエスの痛ましさと、その体験から発生した外傷性神経症から発生する宗教である点に特に違和感を覚える。

123456

123456