皆の本棚にある中村 清の本

中村清
中村 清(なかむら きよし、1913年6月1日 - 1985年5月25日)は日本の陸上競技指導者。 生涯 1913年6月1日、日本統治時代の朝鮮京城府(現・ソウル)の出身。日本を代表する名伯楽と評価されているが、その指導スタイルから、旧時代の代表とされることもある。 中学生のとき、父が病に倒れて生活が苦しくなりそのつらさを走ることで忘れた。 1938年、早稲田大学卒業。在学中は1935年に箱根駅伝1区でトップ、1936年に1000メートルと1500メートルで当時の日本記録を樹立するなどの実績を残し、1936年のベルリンオリンピック1500mに出場した。だがオリンピックでは外国選手にまったく歯が立たず、一方、マラソンでは朝鮮半島出身の孫基禎が金メダルを獲得したことから、「日本人がランニングで世界に勝てるのはマラソンだけ」という信念を抱くに至ったといわれる。ソウル出身であることから孫とも親しかった。 25歳で軍隊に召集される。戦争中は陸軍士官(憲兵隊長)として従軍(このことから、のちに、取材に対して、「わしは何人も人を殺しているんだ」と相手を恫喝することさえあったという)。