皆の本棚にある中川 ひろたかの本

中川ひろたか
中川 ひろたか(なかがわ ひろたか、男性、1954年2月14日 - )は日本の絵本ライター、シンガーソングライター。埼玉県大宮市(現:さいたま市)出身。 愛称について 愛称はピーマン。保育士時代につけられた。本来は「ピーナツ」だったが、保育園の園児に「ピーナツのあだ名」としてつけられた名前がそのまま定着した。なお「ピーナツ」は、保育園であだ名が必要になったときに、大学生時代に甥からつけられた名前を名乗ったのが由来である。 普門院幼稚園、大宮市立大成小学校、大宮市立大成中学校、埼玉県立春日部高等学校を卒業後、一浪を経て1973年に上智大学法学部に入学。1976年3月に大学3年生で中退。 1976年4月に千早子どもの家保育園にて保育士としての活動を始める。当時、児童福祉法上保育園で保育をすることが認められたのは女性に限られており、書類上は用務員とされていたという。1977年、法律改正により男性も保母試験が受けられるようになり、同年10月に保母資格を取得。1981年3月に保育園を退職。 1979年7月、初の著作『あそびうたがいっぱい』(湯浅とんぼ+中川ひろたか、ばるん舎)を刊行、保育集会「合研」を通して全国の保育園に広まる。

123

123