皆の本棚にある中島 義道の本

中島義道
中島 義道(なかじま よしみち、1946年7月9日 - )は、日本の哲学者、作家。元電気通信大学教授。マスコミ曰く「戦う哲学者」。専攻はドイツ哲学、時間論、自我論。イマヌエル・カントが専門。 祖父は東京外国語学校のフランス語科を卒業後、結婚してまもなく札幌の北星学園を出たばかりのカトリック教徒の祖母を連れてカリフォルニア州サクラメントに渡る。時はゴールドラッシュの頃で、一攫千金を夢見た祖父は、皿洗いからスタートして農園を経営するまでになり、日本人成功リストに載る。一人息子であった父(当時7歳)を連れて、故郷の大分県宇佐市に里帰りした。そして、父は第一高等学校に合格し、東北帝国大学工学部に進む。卒業後、有り金すべてをはたいて、戦後日本を復興させるような企業を目指す。一方の母は山口県下関市の出身で、18歳の時に関門海峡を渡って江戸時代からの庄屋であった父の実家に嫁いだが、姑にひどくいじめられる。しかし、母の実家は絶対に戻ってくることを許さなかった。父はやがて福岡県門司市に仕事場を設るが、当時感染が恐れられていた肺結核にかかる。

12345678910

12345678910