皆の本棚にある中北 浩爾の本

中北浩爾
中北 浩爾(なかきた こうじ、1968年9月28日 - )は、日本の政治学者。一橋大学教授。専門は日本政治史。 三重県生まれ。東京都立戸山高等学校を経て、1991年に東京大学法学部を卒業後、1995年に同大学大学院法学政治学研究科博士課程中退。東京大学法学部附属近代日本法政史料センター助手、同助教授、大阪市立大学法学部助教授、立教大学法学部教授を経て、現在一橋大学大学院社会学研究科教授。 著書 単著 『経済復興と戦後政治――日本社会党 1945-1951年』(東京大学出版会, 1998年) 『1955年体制の成立』(東京大学出版会, 2002年) 『日本労働政治の国際関係史 1945-1964――社会民主主義という選択肢』(岩波書店, 2008年) 『現代日本の政党デモクラシー』(岩波新書, 2012年) 『自民党政治の変容』(NHKブックス, 2014年) 共編著 (吉田健二)『片山・芦田内閣期経済復興運動資料(全10巻)』(日本経済評論社, 2000年-2001年) (日本再建イニシアティブ)『民主党政権 失敗の検証 - 日本政治は何を活かすか』(中公新書, 2013年) テレビ出演 日曜討論「衆院選 自公2/3維持 日本政治の行方は」(2014年12月21日、NHK) 関連項目 山口二郎 菊池啓悟 鳩山由紀夫 日本再建イニシアティブ 永井史男 外部リンク 中北浩爾研究室 - 一橋大学 大学院社会学研究科・社会学部 政治学 中北浩爾ゼミナール  。