皆の本棚にある上田 秀人の本

上田秀人
上田 秀人(うえだ ひでと、1959年4月9日 - )は、日本の小説家。大阪府出身。兼業作家であり、本業は歯科医である。 大阪歯科大学卒業後、歯科医院を開業。 一念発起し、山村正夫が主催していた小説講座に入門し、小説の書き方を学ぶ。1997年(平成9年)、「身代わり吉右衛門」が第20回小説クラブ新人賞佳作に入選し、小説家としてデビューする。 2009年(平成21年)、宝島社出版の「この文庫書き下ろし時代小説がすごい! 時代小説愛好会が選ぶベストシリーズ20」で「奥右筆秘帳シリーズ」が第1位に選ばれる。 2010年(平成22年)、『孤闘 立花宗茂』で中山義秀文学賞を受賞。2014年(平成26年)、『奥右筆秘帳』シリーズで第3回歴史時代作家クラブ賞シリーズ賞を受賞。 現在は、日中は「町の歯医者さん」として仕事をし、作家業は主に時代小説を中心に、夜に執筆を行っている。「死ぬまでに100冊本を書くこと」を目標としている。 作品リスト シリーズもの = 完結済み = 三田村元八郎シリーズ(徳間文庫) 竜門の衛 (2001.4) 孤狼剣 (2002.3) 無影剣 (2002.12) 波濤剣 (2003.10) 風雅剣 (2004.10) 蜻蛉剣 (2005.10) 織江緋之介見参シリーズ(徳間文庫) 悲恋の太刀 (2004.6) 不忘(わすれじ)の太刀 (2005.6) 孤影の太刀 (2006.6) 散華の太刀 (2006.10) 果断の太刀 (2007.5) 震撼の太刀 (2008.4) 終焉の太刀 (2009.4) 勘定吟味役異聞シリーズ(光文社文庫) 破斬 (2005.8) 熾火 (2006.4) 秋霜の撃 (2006.8) 相剋の渦 (2007.1) 地の業火 (2007.7) 暁光の断 (2008.1) 遺恨の譜 (2008.7) 流転の果て (2009.1) 奥右筆秘帳シリーズ(講談社文庫) 密封 (2007.9) 国禁 (2008.5) 侵蝕 (2008.12) 継承 (2009.6) 簒奪 (2009.12) 秘闘 (2010.6) 隠密 (2010.12) 刃傷 (2011.6) 召抱 (2011.12) 墨痕 (2012.6) 天下 (2012.12) 決戦 (2013.6) 闕所物奉行 裏帳合 (中公文庫) 御免状始末 (2009.11) 蛮社始末 (2010.5) 赤猫始末 (2010.8) 旗本始末 (2011.2) 娘始末 (2011.8) 奉行始末 (2012.2) お髷番承り候 (徳間文庫) 潜謀の影 (2010.10) 奸闘の緒 (2011.4) 血族の澱 (2011.10) 傾国の策 (2012.4) 寵臣の真 (2012.10) 鳴動の徴 (2013.4) 流動の渦 (2013.10) 騒擾の発 (2014.4) 登竜の標 (2014.10) 君臣の想 (2015.4) = 未完結 = 御広敷用人 大奥記録(光文社文庫) 女の陥穽 (2012.5) 化粧の裏 (2012.7) 小袖の陰 (2013.1) 鏡の欠片 (2013.7) 血の扇 (2014.1) 茶会の乱 (2014.7) 操の護り (2015.1) 目付鷹垣隼人正裏録シリーズ(光文社文庫) 神君の遺品 (2009.7) 錯綜の系譜 (2010.2) 斬馬衆お止め記シリーズ(徳間文庫) 御盾 (2009.10) 破矛 (2010.04) 表御番医師診療禄 (角川文庫) 切開 (2013.2) 縫合 (2013.8) 解毒 (2014.2) 悪血 (2014.8) 摘出 (2015.2) 妾屋昼兵衛女帳面 (幻冬舎時代小説文庫) 側室顛末 (2011.9) 拝領品次第 (2013.3) 旦那背信 (2012.9) 女城暗闘 (2013.3) 寵妃裏表 (2013.9) 寵姫裏表 (2014.3) 色里攻防 (2014.9) 閨之陰謀 (2015.3) 百万石の留守居役シリーズ (講談社文庫) 波乱 (2013.11) 思惑 (2013.12) 新参 (2014.6) 遺臣 (2014.12) その他 幻影の天守閣 (光文社文庫、2004.12) 黒田官兵衛シリーズ(徳間文庫・前後編) 月の武将 黒田官兵衛 (2007.10) 鏡の武将 黒田官兵衛 (2008.10) 孤闘 立花宗茂 中央公論新社 (2009.5) 天守信長(表)(2013.8) 天守信長(裏)(2013.8) 外部リンク 上田秀人 公式ホームページ 脚注 参考文献 「平成24年新春特別企画 2012年に羽ばたく歯科界異能の才人たち」、『歯科医療経済』第2巻第1号、医療経済出版、東京都千代田区、2012年1月、 22-30頁。

123

123