皆の本棚にある三浦 佑之の本

三浦佑之
三浦 佑之(みうら すけゆき、1946年8月21日- )は、日本文学者(古代文学・伝承文学)、千葉大学名誉教授、立正大学教授。 三重県美杉村(現津市)出身。三重県立津高等学校、成城大学文芸学部卒業、同大学院博士課程単位取得退学。共立女子短期大学、千葉大学教授を経て立正大学文学部文学科(日本語日本文学専攻コース)教授。2013年4月より同大大学院文学研究科長。 2002年に出版した『口語訳 古事記』がベストセラーになった。上代文学(民俗学関係も扱う)関連で多くの著作がある。 直木賞作家・三浦しをんの父である。 福岡県、志賀島出土の「金印」について、著書や公演などで偽造説を唱え、問題提起をしている。 受賞 1988年6月、『村落伝承論』で第5回上代文学会賞を受賞。 2003年12月、『口語訳 古事記』で第1回角川財団学芸賞を受賞。 2013年11月、『古事記を読みなおす』で第1回古代歴史文化賞みやざき賞を受賞。 2014年3月、立正大学蘊奥本賞を受賞 著作 単著 『村落伝承論』五柳書院、1987年 『浦島太郎の文学史-恋愛小説の発生』五柳書院、1989年 『古代叙事伝承の研究』勉誠社、1992年 『昔話にみる悪と欲望』新曜社、1992年 『万葉びとの「家族」誌』講談社選書メチエ、1996年 『神話と歴史叙述』若草書房、1998年 『口語訳 古事記 完全版』文藝春秋、2002年 / 文春文庫〈神代篇・人代篇〉、2006年 『古事記講義』文藝春秋、2003年 / 文春文庫、2007年 『日本古代文学入門』幻冬舎、2006年 『金印偽造事件』幻冬舎新書、2006年 『古事記のひみつ』吉川弘文館[歴史文化ライブラリー]、2007年  『古事記を旅する』文藝春秋、2007年 / 文春文庫、2011年  『平城京の家族たち ゆらぐ親子の絆』角川ソフィア文庫、2010年 『日本霊異記の世界 説話の森を歩く』角川選書、2010年 『古事記を読みなおす』ちくま新書、2010年 『あらすじで読み解く古事記神話』文藝春秋、2012年 『古代研究 列島の神話・文化・言語』青土社、2012年  『村落伝承論 『遠野物語』から 増補新版』青土社、2014年 『昔話にみる悪と欲望 継子・少年英雄・隣のじい 増補新版』青土社、2015年 『風土記の世界』岩波新書、2016年 編著 『古事記を読む』吉川弘文館、2008年 『古事記研究集成』全6巻、クレス出版、2011年 『現代思想 総特集 出雲 古事記、風土記、遷宮…よみがえる神話世界』青土社、2013年11月。