皆の本棚にある三条 陸の本

三条陸
『日本の漫画家 さ行』より : 三条 陸(さんじょう りく、1964年10月3日 - )は、日本の漫画原作者・脚本家。大分県出身、血液型はRh-のAB型。明治大学卒業。別ペンネームに須田留貧(すたるひん)、瑳川竜(さがわ りゅう)。 映画研究会に所属していた高校時代を経て、明治大学在学中は漫画研究会に在籍。 『ホビージャパン』でキャリアを開始し、海洋堂の撮影用キャストキットの素組み、『ウルトラシリーズ』の作品紹介記事や、『ゾイド』のジオラマ模型につける小説などを手掛けた。このときの『ゾイド』の小説が三条陸名義の初仕事となった。 1986年、メカデザイナーの大畑晃一からの推薦により、OVA『装鬼兵MDガイスト』でアニメ脚本家デビュー。翌年には『コミックボンボン』(講談社)にて、ラジコン漫画『スカイボンバー一直線』の原作者として漫画原作者デビューした。 『月刊OUT』(みのり書房)では須田留貧名義で、誌上企画や投稿欄などを手がけるライターとして活動。その際に同じ雑誌で別の投稿コーナーを担当していた堀井雄二と親交を持った後、『週刊少年ジャンプ』(集英社)関連の仕事を開始。

1234

1234