皆の本棚にあるリメの本

リメス
『リーメス』より : リメス(羅: Limes)は、ローマ帝国時代の防砦システムであり、ローマ領の境界線を示すものでもあった。リメスは、ローマ帝国全土に張り巡らされていたが、世界遺産に登録されたドイツのリメスが著名である。なお、長音読みのリーメス([ˈlaɪmiːz])とも呼ばれる。 リメスはラテン語で境界を意味し、英語の「Limit」の語源でもある。リメスは英語「rim」とも同源であり、部隊の出動拠点(駐屯地)を中心として防衛範囲(rim:輪)をもつ部隊配置をさす。最も広義にはローマ帝国の国境全域を表し、「ハドリアヌスの長城」もリメスの一種となる。なお、狭義ではドイツの長城跡(リメス・ゲルマニクス)を指す。 リメスの建設は、1世紀末頃から始まり、目的としては、ゲルマン民族の侵入からライン川・マイン川流域の肥沃な土地と通商路を守るためであった。リメスは、ローマ帝国の繁栄と衰退を象徴する文化的景観が評価され、2005年7月にイギリスのハドリアヌスの長城が拡張される形で、物件名「ローマ帝国の国境線」として、ユネスコの世界遺産に登録された。