皆の本棚にあるランディ・メッセンジャーの本

ランディ・メッセンジャー
ランドール・ジェローム・メッセンジャー(Randall Jerome "Randy" Messenger, 1981年8月13日 - )は、阪神タイガースに所属するアメリカ合衆国ネバダ州出身のプロ野球選手(投手)。スポーツ新聞などの見出しでは「メッセ」と略されることもある。 阪神には2010年シーズンから在籍。2016年シーズンで、在籍期間が7シーズンに達する。この在籍期間は、球団歴代の外国人選手としては、ジーン・バッキーおよびジェフ・ウィリアムスと並ぶ最長記録である。 マーリンズ時代 1999年のMLBドラフト11巡目でフロリダ・マーリンズに指名され契約。 2005年6月22日にフロリダ・マーリンズでメジャーデビュー。メジャーで59試合に登板したが、2勝7敗で防御率は5.67に終わった。なおデビュー4戦目にあたる7月8日の対シカゴ・カブス戦では、5回一死からドントレル・ウィリスに次ぐ2番手投手として登板し、後に阪神でチームメイトとなるマット・マートンと2打席対戦して右犠飛と右二塁打であったが、この試合がマートンのメジャーデビュー戦であった。