皆の本棚にあるランケの本

ランケ
『レオポルト・フォン・ランケ』より : レオポルト・フォン・ランケ(Leopold von Ranke, 1795年12月21日(20日説あり) - 1886年5月23日)は、19世紀ドイツの指導的歴史家。実証主義に基づき、史料批判による科学的な歴史学を確立した。ランケ以前の歴史研究者を「歴史家」、以降の歴史研究者を「歴史学者」と呼ぶように、ランケの業績は歴史学の画期となった。また、教育面では演習(ゼミナール)を重視した。「それは事実いかにあったのか」を探究する実証主義的な研究法と教育方法は、ドイツ国内のみならずイギリス・アメリカの歴史学に大きな影響を与えた。 生涯 1795年12月21日にザクセン選帝侯国テューリンゲン地方ヴィーエに代々ルター派の牧師の家に生まれる。長じてライプツィヒ大学に入学して古典と神学を研究した。この時期に中世の史料講読法を習得した。1818年フランクフルト・アン・デア・オーデルのギムナジウムの教師となる。1825年に、ベルリン大学史学科助教授。1834年に同大学教授となる。1865年に貴族に列せられる。1886年5月23日ベルリンで89歳で没した。