皆の本棚にあるマーガレット・ミッチェルの本

マーガレット・ミッチェル
マーガレット・マナーリン・ミッチェル(Margaret Munnerlyn Mitchell、1900年11月8日 - 1949年8月16日)は、アメリカの小説家。長編小説『風と共に去りぬ』で知られる。 生い立ち ミッチェルはジョージア州アトランタで生まれた。父はユージン・ミューズ・ミッチェル、母はメーベル(旧姓スティーブンス)だった。兄が2人居り(1人は夭折)、3人兄弟の末っ子だった。父は弁護士であり、アトランタ弁護士会会長、アトランタ歴史協会会長を務め、アトランタの市史およびジョージア州史の権威として知られていた。彼女の幼年期は南北戦争を生き抜いた母方の親類の影響を大きく受けた。彼らは戦争に関する全て - 南部連邦支持者が全てを失ったことを除いて - を彼女に伝えた。彼女が全てを知ったのは10歳のときであった。 彼女は1918年にワシントン神学校を卒業し、その後医学を志しマサチューセッツ州ノーサンプトンのスミス大学に入学する。だが翌1919年1月に母親がその年大流行したインフルエンザで死去し、ミッチェルは学業をあきらめアトランタへ戻った。

12345

12345