皆の本棚にあるマイクル・コナリーの本

マイクル・コナリー
マイクル・コナリー(Michael Connelly、1956年7月21日-)は、フィラデルフィア出身のアメリカの探偵・犯罪小説家である。日本ではハードボイルド派小説家に分類されることが多い。
ビル・クリントン クリントン元米大統領などの支持もあり、米国以外の国でも人気を得ているが、よって版権料も高くなり、日本では彼の作品の翻訳権を巡っていくつかの出版社からの発刊にまたがる結果となっている。
1980年、フロリダ大学でジャ-ナリズムを専攻として卒業するが、その専攻のきっかけは、在学中にレイモンド・チャンドラーの小説に出会い、作家となる決意をしたためという。卒業後は、フロリダで新聞記者となり、複数の新聞において、主として警察及び犯罪事件を担当する。当時、南フロリダ地区は、いわゆる「コカイン戦争」の真っ只中であり、コナリーはその犯罪と警察について記事を書き続けた。

12

12