皆の本棚にあるヘーゲルの本

ヘーゲル
『ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲル』より : ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲル(Georg Wilhelm Friedrich Hegel、1770年8月27日 - 1831年11月14日)は、ドイツの哲学者である。ヨハン・ゴットリープ・フィヒテ、フリードリヒ・シェリングと並んで、ドイツ観念論を代表する思想家である。優れた論理性から現代の哲学研究も含め、後世にも多大な影響を与えた。観念論哲学及び弁証法的論理学における業績のほか、近代国家の理論的基礎付けなど政治哲学における業績も有名である。認識論、自然哲学、歴史哲学、美学、宗教哲学、哲学史研究に至るまで、哲学のあらゆる分野を網羅的に論じた。 現代思想、特に大陸哲学の先駆的哲学者とされ、毀誉褒貶、肯定的評価及び否定的評価を含め、様々な哲学者・思想家・文筆家の論述を通じて彼の影響は広がっていった。その影響については、ヘーゲル学派(老ヘーゲル派・ヘーゲル中央派・青年ヘーゲル派)及びその第二世代や、新ヘーゲル主義などの頁を参照されたい。 ドイツ観念論哲学の完成者であり、近代哲学と現代哲学の分水嶺として位置づけられることも多い。