皆の本棚にあるヒロミの本

ヒロミ
ヒロミ(1965年2月13日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者、ラジオパーソナリティ、実業家、トライアスロン競技者(トライアスリート)。株式会社ビィーカンパニー代表取締役社長。本名、小園 浩己(こぞの ひろみ)。 東京都八王子市出身。プロダクション人力舎を経てビィーカンパニーに所属(マネジメント業務は田辺エージェンシーが担当した後、2008年からはプロダクションノータイトル)。妻は歌手でタレントの松本伊代。長男はタレントの小園凌央(こぞの りょう)。 芸能界に入る前は日産自動車の販売会社で1年程セールスマンを経験しており、しゃべりを駆使して営業成績はトップクラスであったという。その頃に自動車の事故で大怪我(内臓破裂)。一時重体になり、生死の境をさまよう。この時医者から家族にも「諦めて下さい」と伝えられたが、長時間の手術の末一命を取り留める。このことから「好きなことをしよう」と、以前から思い馳せていた芸能界入りを心に決めたという。放送大学教養学部に進学する。 1986年、デビット伊東、ミスターちんとともにコントグループB21スペシャルを結成し、1990年にゴールデン・アロー賞芸能新人賞を受賞。