皆の本棚にあるチカの本

チカ
チカ(学名:Hypomesus japonicus) は、キュウリウオ目キュウリウオ科に分類される魚。別名はツカ、オタポッポなど。食用とされ、同属のワカサギとよく似ている。そのため、両種が区別されずに流通していることもある。北海道及び三陸海岸以北の本州、朝鮮半島、カムチャツカ半島、サハリン、千島列島の沿岸に生息する。 形態 ワカサギによく似ているが、ワカサギの腹びれが背びれの起点の直下もしくはやや前方から始まることに対し、本種の腹びれは背びれの起点よりやや後方から始まるという違いがある。 全長は約20cmほどにまで育ち、ワカサギより大型。 生態 内湾の岸近くに生息する。3月下旬から5月上旬の繁殖期になると河川の河口へ集まり、汽水域の砂底部に産卵する。1年から2年で成熟する。産卵後も生き残り、3年から4年生きる個体もいる。 人間による利用 北海道や東北地方では、食用魚として流通している。定置網で漁獲されることが多い。また、漁港等に集まるので釣りの対象魚にもなっている。ワカサギと混同して販売されていた時期もあるが、その後はきちんと区別されている。