皆の本棚にあるスティーブン・ピンカーの本

スティーブン・ピンカー
スティーブン・アーサー・ピンカー(Steven Arthur Pinker, 1954年9月18日 - )はカナダ・モントリオール生まれのアメリカ合衆国の実験心理学者、認知心理学者。2009年現在ハーバード大学で心理学教授をつとめており、大衆向け科学書を数多く執筆している。 業績 専門分野は視覚的認知能力と子供の言語能力の発達である。ノーム・チョムスキーの生成文法の影響を受け、脳機能としての言語能力や、言語獲得の問題について研究し著作を発表している。言語が自然選択によって形作られた「本能」あるいは生物学的適応であるという概念を大衆化したことでよく知られている。この点では言語能力が他の適応の副産物であると考えるチョムスキーやその他の人々と対立する。 The Language Instinct (1994年、邦訳『言語を生み出す本能』)、How the Mind Works (1997年、邦訳『心の仕組み』)、Words and Rules (2000年)、The Blank Slate (2002年、邦訳『人間の本性を考える』)、The Stuff of Thought (2007)は数多くの賞を受賞し、いずれもベストセラーになった。