皆の本棚にあるスタニスワフ・レムの本

スタニスワフ・レム
スタニスワフ・レム (Stanisław Lem [staˈɲiswaf ˈlɛm] (13px 聞く), 1921年9月12日 - 2006年3月27日)は、ポーランドの小説家、SF作家、思想家。ポーランドSFの第一人者であるとともに、20世紀SF最高の作家の一人とされる。また、著書は41の異なる言語に翻訳され、2700万部が販売されており、世界で最も広く読まれているSF作家である。代表作に、2度映画化もされた『ソラリスの陽のもとに』など。 日本での翻訳初期にはロシア語版からの重訳での出版が多かったためか、ロシア語読みでスタニスラフ・レムと紹介されることが多かった(斜線(クレスカ)の付いた ł はポーランド語では L ではなく w の発音だが、キリル文字圏ではЛになるため)。 1921年、ポーランドのリヴィウ(現ウクライナ)に生まれる。父サムエルはユダヤ系、母サビーナはカトリック系であるが、レムはカトリック教徒として育てられる(のちに長じて無神論者になる)。

123

123