皆の本棚にあるエーリヒ・ケストナーの本

エーリヒ・ケストナー
『エーリッヒ・ケストナー』より : エーリッヒ・ケストナー(Erich Kästner、 1899年2月23日 - 1974年7月29日)はドイツの詩人・作家である。 生涯 ドレスデンのノイシュタットに生まれた。父エミール・ケストナーは鞄作りの手工業者だったが、産業工業化のあおりを受けて、工業労働者になり、母親イーダ(旧姓アウグスティーン)は夫の少ない労働賃金を補うため、理容師になる(『わたしが子どもだったころ』に詳細)。本当の父親はユダヤ人の主治医エミール・ツィンマーマン (Emil Zimmermann (1864–1953)) 博士で、母イーダとツィンマーマンという医者との間に生まれた不倫の子供であった、と言われているがケストナー本人はそれについて言及しておらず、また、その根拠の大多数が伝聞であることから、いまだ結論は出ていない。

12

12