皆の本棚にあるエドワード・ゴーリーの本

エドワード・ゴーリー
エドワード・ゴーリー(Edward Gorey, 1925年2月22日 - 2000年4月15日)は、アメリカの絵本作家。本名はエドワード・セントジョン・ゴーリー(Edward St.John Gorey)。 絵本という体裁でありながら、道徳や倫理観を冷徹に押しやったナンセンスな、あるいは残酷で不条理に満ちた世界観と、徹底して韻を踏んだ言語表現で醸し出される深い寓意性、そしてごく細い線で執拗に描かれたモノクロームの質感のイラストにおける高い芸術性が、「大人のための絵本」として世界各国で熱心な称賛と支持を受けている。 また、幻想的な作風とアナグラムを用いたペンネームを幾つも使い分けて私家版を出版したことから、多くの熱狂的なコレクターを生み出している。 1925年、イリノイ州シカゴに新聞記者の息子として生まれる。 1943年、高校卒業後にシカゴ美術館附属美術大学に入学するが一学期で退学、のち1946年までの3年間陸軍に服務。工兵隊員として毒ガスのテスト等に従事した。除隊後はハーバード大学に入学し、フランス文学を専攻する。