皆の本棚にあるひみつの本

ひみつ道具
『ドラえもんの道具一覧』より : ひみつ道具(ひみつどうぐ)は、藤子・F・不二雄の漫画『ドラえもん』、『大長編ドラえもん』、および他者の『ドラえもん』派生作品に登場する、未来の道具を指す総称。作中では、未来の国(22世紀のトーキョー)で生まれたロボット「ドラえもん」が四次元ポケットから取り出したりすることで登場する。 子守ロボットならではの道具が多く存在し、ほとんどは人間業を遥かに凌ぐ力を誇る。基本的には便利とされる物を中心とし、子供から大人まで射幸性を刺激する。尚、中には攻撃的な道具も存在するが、生命に関わる程の攻撃が出来る物は少ない。 物を無限に収納できる四次元ポケットには、ボタン電池ほどのロボッターから、巨大な風雲ドラえもん城まで、さまざまな大きさの物品をいろいろと収納している。そういった性格のポケットをドラえもんが装備しているため、作品全体を通して数多くのひみつ道具が登場する。 定義範囲 小学館や藤子・F・不二雄プロといった正当な著作権者が監修しているため、『ドラえもん』派生作品に登場するひみつ道具と、藤子の『ドラえもん』、『大長編ドラえもん』(VOL.1 - VOL.17)に登場するひみつ道具は、名目上は同列に扱われていることになる。