皆の本棚にあるにわのまことの本

にわのまこと
にわの まこと(1964年5月1日 - )は、日本の漫画家。鹿児島県川内市(現・薩摩川内市)出身。東京都練馬区在住。 アッパー系ギャグを基本としたヒーローアクション及びスポーツ漫画のジャンルを得意とする。 1981年、鹿児島県立川内商工高等学校在学中の17歳の時に『週刊少年ジャンプ』に投稿した野球物の読切「迷勝負!?」で第14回(昭和56年度上半期)赤塚賞佳作を受賞。1986年に「THE MOMOTAROH -村上伸一君の場合-」で第25回(昭和61年度下半期)赤塚賞佳作を再び受賞し、茨木政彦に誘われ上京。翌、1987年に『週刊少年ジャンプ』連載の「THE MOMOTAROH」で連載デビュー。その後、週刊少年ジャンプ誌上で計5作品の連載を持つ。 『週刊少年ジャンプ』との専属契約を解消した後は『ビジネスジャンプ』や『週刊コミックバンチ』、『ヤングキング』『漫画ゴラク』など青年誌に連載を持ち、また同人誌で自身の代表作2作品の主人公を対戦させたり、ジャンプ時代の作品を他誌で復活させたり、児童向け漫画雑誌(別冊コロコロコミック・コミックボンボン・プレコミックブンブン)や成人コミックにまで進出したりと幅広い執筆活動を行っている。